延滞税・過少申告加算税・無申告加算税・重加算税の違いとは?

税務
スポンサーリンク

想定読者

この記事の想定読者は以下の通りです。

  • 延滞税・過少申告加算税・無申告加算税・重加算税の違いを知りたい。

この疑問を持つ読者様に違いを解説していきます。

記事の信頼性

この記事は、「法人税能力検定試験 3級/2級公式テキスト」を元に作成しています。

全経法人税法能力検定試験公式テキスト3級/2級
◆本書は、公益社団法人全国経理教育協会(以下「全経」といたします。)が主催する「法人税法能力検定試験」の3級及び2級の試験対策のために作成したものです。 ◆全経が公表する出題区分表に基づき、納税の義務、税金の分類、申告納税方式と賦課課税方式といった税金の基礎的知識から、法人税における基本的な計算事項に関する学習内容を収...

なお、この試験はこれから法人税を勉強したい初学者に方におすすめです。

3級は50時間程度、2級は100時間程度の勉強時間で法人税の大枠を理解することができます。

比較的に簡単に資格を取得できますし、法人税の大枠を理解できるので、これから経理業務でより活躍したい方におすすめの認定試験です。

延滞税・過少申告加算税・無申告加算税・重加算税の違いとは?

延滞税・過少申告加算税・無申告加算税・重加算税の違いは以下の通りです。

  1. 延滞税・・・税金を滞納したときに課される税。
  2. 過少申告加算税・・・申告書に記載された税金が過少であるときに課される税。
  3. 無申告加算税・・・申告をしなかったときに課される税。
  4. 重加算税・・・悪質な脱税があったときに課される税。

いつの時代にも求められる税務知識や日商簿記3,2級など経理に役立つ100講座が学べる動画サイト

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました