洗濯の手間を減らす方法

おすすめのガジェット
スポンサーリンク

想定読者

この読んだ方は以下のような問題を解決したいのではないでしょうか。

  • 洗濯の時間を減らしたい・・・
  • 洗濯に部屋の空間を取られたくない・・・

こういった疑問に答えます。

記事の信頼性

今回、ご紹介する商品は実際に私が購入したものです。
購入した中で、実際に効果があったものだけご紹介しています。

また、番外編としてご紹介する商品の関連商品でおすすめしない商品もご紹介します。
これは、お勧めする商品と合わせて購入したものの、私と同じように後悔する人を減らすためです。

珪藻土マットのすすめ

まず、ご紹介するのは「珪藻土バスマット」です。

ずっと気になっていた商品なのですが、実際に購入すると想定よりも高い効果があったためご紹介しようと思いました。

珪藻土バスマットとは、簡単にいうと「一瞬で吸水・速乾するバスマット」です。

実際に使用すると、風呂上りに珪藻土バスマットの上で体を拭いていても足の裏が濡れているという不快感を感じることが全くありません。一人暮らしでも効果的ですが、ご家族で生活し次々に風呂に入る状況である方はなお効果を実感いただけると思います。家族と住んでいると、連続で風呂に入った場合に最後のほうではバスマットが結構濡れていますよね。しかし、珪藻土バスマットは一瞬で吸水・速乾するため濡れていると感じることがなくなります。

なぜ珪藻土マットは一瞬で乾くのか

珪藻土とは、湖や海の底で化石化した植物プランクトンのことです。
この植物プランクトンには小さい穴が無数に空いており、その穴ひとつひとつが自立的に吸放湿することによって、高い速乾性を実現しています。

以下におすすめのバスマットのアマゾンリンクを貼りました。ぜひ購入をご検討下さい。

Amazon.co.jp

※珪藻土マットに関して、カインズさんが自主回収したためネガティブにとらえる方も多いと思います。そういった疑問に対しても、上記リンク先では、カインズさんの件が出る前から言及し問題ないことを説明しています。

なお、セカンドオピニオンとして、昭和化学工業㈱様のQ&Aのリンク先も記載しました。
参考にしていただけると幸いです。

Q&A|昭和化学工業株式会社【東証2部上場4990】
日本各所に原料鉱床を有し、日本最大の濾過助剤供給メーカーです。枯渇懸念のあるフライアッシュバルーン代替品のハードライトの供給を開始しました

バスタオル→ハンドタオルのすすめ

恐らく、多くの方が風呂、シャワーの後はバスタオルで体を拭いているのではないでしょうか。
しかし、それは本当に合理的な選択でしょうか。

私はこの点に疑問を感じていました。そしてある日、シャワーの後にたまたまバスタオルが洗濯中で乾いておらず、仕方なくハンドタオルで体を拭きました。正直、ハンドタオルでは足りないだろうと想定していましたが、実際にハンドタオルでも十分に体を乾かすことができることがわかりました。

バスタオル→ハンドタオルへの切り替えによる効果

バスタオルからハンドタオルへの切り替えにより洗濯にスペースがとられなくなります。
バスタオルは洗濯機の使用スペース、また乾かすときのスペース双方を減少させることができます。

また、スペースの減少によって洗濯機を使用する回数と洗濯物を干す回数が減少します。

Amazon.co.jp

おすすめしない商品

珪藻土マットに効果を感じた方は珪藻土コースターにも興味が沸くと思います。

しかし、結論をいうと珪藻土コースターはおすすめできません。

なぜかというと、水だけなら良いのですが、コーヒー等は色が残って見た目の清潔感が損なわれるからです。

どうしても使ってみたい、という方は以下の黒いタイプの珪藻土コースターをおすすめします。これなら色が目立たないため清潔感が損なわれることを防止してくれます。

Amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました