柳田悠岐の年度別成績と年棒推移

年度別成績と年棒推移
スポンサーリンク

2012年の成績とその年の契約更改について

2011年までは二軍が主戦場であるため、一軍に定着した2013年の成績とその年の契約更改から見ていきます。

2012年は柳田選手が一軍の試合に出場し始めた年です。打席数は212打席と出場試合は少なかったものの、一軍の試合に出場されたことが評価され、シーズン終了後に1,800万円で契約更改となりました。

2013年の成績とその年の契約更改について

2013年の成績とその年の契約更改をみていきましょう。

2013年は柳田選手がネクストブレイク選手となった年です。打席数こそ337打席でしたが、出塁率率が.377と高く、長打率も.483と長距離砲としても十分な数値を記録しました。

その結果、年棒はおよそ倍増の3,700万円で契約更改となりました。

2014年の成績とその年の契約更改について

2014年の成績とその年の契約更改をみていきましょう。

2014年は打席数が615打席と完全にレギュラーとして定着した年となりました。出塁率が.413と高く、長打率も.452と高い数値を記録し、OPSが.865となりました。

レギュラーとして定着し、かつ高いOPSを記録した結果、5,300万円増の9,000万円で契約更改となりました。

2015年の成績とその年の契約更改について

2015年の成績とその年の契約更改をみていきましょう。

2015年は出塁率が.469と柳田選手にとって2021年1月5日現在の生涯最高出塁率を記録しました。およそ2回に1回は出塁するという素晴らしい成績ですね。また長打率も.631と大きく上昇しプロ野球No.1野手への道を歩きだしたシーズンとなりました。OPSも超一流といわれる1.000を超え1.101を記録しました。この年のOPSも2021年1月5日現在の生涯最高OPSとなっています。

OPSが大幅に上昇したことから,1億8,000万円増の2億7,000万円で契約更改となりました。

2016年の成績とその年の契約更改について

2016年の成績とその年の契約更改をみていきましょう。

2016年は出塁率が.446、長打率も.523と前年を下回る成績となりました。また打席数も536打席と前年を下回りました。

OPSが低下し、打席数が減少したことから,1,000万円減の2億6,000万円で契約更改となりました。

2017年の成績とその年の契約更改について

2017年の成績とその年の契約更改をみていきましょう。

2017年は出塁率が.426と下がったものの、長打率は.589と上昇しました。

OPSが改善したこと、またメジャー流出阻止の観点から2億9,000万円増の5億5,000万円で契約更改となりました。また、この年から3年契約を締結しています。

2018年の成績とその年の契約更改について

2018年の成績とその年の契約更改をみていきましょう。

2018年は出塁率が.431とやや改善、長打率は.661と大幅に上昇しました。

2017年シーズン終了後に3年契約を締結したことから,現状維持の5億5,000万円で契約更改となりました。

2019年の成績とその年の契約更改について

2019年の成績とその年の契約更改をみていきましょう。

2019年は出塁率が.420、長打率も.516と良い成績であるものの、打席数は157打席と大きく減少してしまいました。

しかし、2017年シーズン終了後に3年契約を締結したことから,2,000万円増の5億7,000万円で契約更改となりました。

また、この年から新たに7年契約を締結し事実上柳田選手の生涯ホークス宣言となりホークスファンを喜ばせてくれました。

2020年の成績とその年の契約更改について

2020年の成績とその年の契約更改をみていきましょう。

2020年は出塁率が.449、長打率も.623と、けが人が続出する中でリーグ優勝を牽引する素晴らしい成績を残してくれました。

2019年シーズン終了後に7年契約を締結したことから,4,000万円増の6億1,000万円で契約更改となりました。

以下は野球好きにおすすめ!

ホークスの三軍制の成功に興味がある方はポチってみて下さい!

ホークス3軍はなぜ成功したのか?~才能を見抜き、開花させる育成力~ (光文社新書)
Amazonで喜瀬 雅則のホークス3軍はなぜ成功したのか?~才能を見抜き、開花させる育成力~ (光文社新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

スカパー!プロ野球セット



コメント

タイトルとURLをコピーしました