テレワークの生産性を上げる商品4選【四種の神器とは?】【在宅勤務】

おすすめのガジェット
スポンサーリンク

記事の信頼性

この記事では、私自身がテレワークを行った際に実際に購入し、使用した商品を紹介しています。

想定読者

この記事は以下の読者を想定して記載されています。

  • テレワークの際、集中力ができない。
  • テレワークの際、仕事がはかどる商品を知りたい。
  • 商品を推薦する背景として科学的な根拠を知りたい。

テレワークの生産性を上げる商品4選~四種の神器~

姿勢を改善する四種の神器~スタンディングデスク、カウンターチェア、ディスプレイ、アーム~

Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
Amazon.co.jp

背景~姿勢の重要性~集中できない理由とは?

読者の皆様は、テレワーク中に周りの目がないこともあり、姿勢が悪くなってしまっていた、という経験をお持ちではないでしょうか

コクヨ株式会社の調査結果によると、オフィスワーカーの大多数が姿勢の悪さを自覚しており、かつ姿勢の悪さによる生産性の低下を自覚している、ということが判明しています。

調査結果サマリー

<トピックス>
1 約8割のオフィスワーカーが姿勢の悪さを自覚しながら勤務。約3割は「かなり悪い」と自覚

2 約9割のオフィスワーカーは勤務中の不調感を自覚。座位姿勢との相関性を確認。

3 勤務中の不調感を自覚している人の約9割が、生産性の低下を感じていることが判明。

株式会社コクヨによる調査結果
参照URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000041068.html

このように、オフィスワーカーの8割が姿勢が悪いと自覚しており、かつその9割が生産性の低下を感じています。周りに目がある仕事場であれば、監視の目があるため姿勢の悪化による生産性の低下を防ぐことができるかもしれません。しかし、テレワークの場合はどうでしょうか。不調感を感じる中で、それでも集中力を維持できる人は多いでしょうか。

私はそうは思いません。人間はそんなに意思の強い生き物ではありません。
読者の皆様も「明日から痩せよう!」「明日から毎日読書しよう!」と決めて何度も挫折した経験があると思います。私も何度も失敗した、意思の弱い人間の一人です。

このように、テレワークは姿勢が悪くなりやすい構造になっており必然的に生産性が低下してしまします。

では、どのようにすればテレワーク中の集中力を維持できるのでしょうか?

それは、労働環境の構造を変化させることが最も効果的かつ効率的です。

では、どうすれば労働環境の構造を変化させることができるのでしょうか。

それは、労働環境に投資することが有効です。

具体的には、姿勢良くする「四種の神器」を揃えることが有効です。

姿勢を良くする「四種の神器」とは?

姿勢を良くする「四種の神器」とは、

  • スタンディングデスク
  • カウンターチェア
  • ディスプレイ
  • アーム

この4つです。

これからの四種の神器について、ご紹介します。

四種の神器の使い方~スタンディングデスク+カウンターチェア~

まず、スタンディングデスクで仕事をすることで猫背を防ぐことができます。
これによって、姿勢の悪化による生産性の低下を防止することができます。

しかし、スタンディングデスクには弱点があります。
それは、1時間程度立って仕事をすると足が疲れることです。
足が疲れると生産性が下がります。
では、足が疲れてしまった場合に備えて何ができるでしょうか。


そこで登場するのがカウンターチェアです。
スタンディングデスクでの立ち仕事に疲れた時はカウンターチェアに軽く座りましょう。
軽く座るだけでも足の疲労感は軽減されます。
足が休まったらカウンターチェアに腰掛けるのをやめて再びスタンディングに戻りましょう。

四種の神器の使い方~ディスプレイ+アーム~

ディスプレイアームを使うことでなぜ生産性が上がるのか?
それは、以下の研究結果が参考になります。

1984年に行われたテキサスA&M大学の研究によると、一つのグループ(Aグループ)は姿勢良く正面を3分見てもらい、もう片方のグループ(Bグループ)は猫背で下を3分見てもらう。その後、いくつかのパズルを解いてもらう。その中には、絶対に解けないパズルも含まれている。

その結果、絶対に解けないパズルに対して取り組む時間はAグループはBグループの2倍もあった。
つまり、姿勢を正すだけで仕事に取り組む時間が2倍になった、ということです。

テレワークで自宅の環境が整っておらず、ノートPCのディスプレイのみで仕事をすると、確実に視線が落ちます。その結果、姿勢が猫背になってしまい、上記の研究結果の通り、いつもよりも仕事に粘り強く取り組むことができない構造になっている可能性があります。

この問題を解決する道具がディスプレイ+アームです。

これで、目線の高さにディスプレイを設置することができるようになり、結果として粘り強く仕事に取り組むことができます。その結果、生産性が向上します。

2021年1月2日時点では、以下のアマゾンリンクにクーポンがあります!購入はクーポンがあるうちにどうぞ!
  • スタンディングデスク→1,500円 OFFのクーポンがついています(1月15日まで)。
Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
Amazon.co.jp



コメント

タイトルとURLをコピーしました